PTA活動

区切り線

PTA
(父母と教師の会)

 はじめに

保護者のみなさんは、それぞれに、子どもたちが心身ともに豊かに成長する』ことを願い、また『充分に整った学校環境、教育施設、良い地域環境を望んでいる』ことでしょう。
ご存知の通り、子どもたちをとりまく環境の変化にともない、PTAの果たす役割がより重要になってきています。だからこそ、<わが子の幸せ=すべての子どもたちの幸せ> と考え、人まかせにせず、“私たちのPTA”として、みんなで考え、みんなで育てて行こうと考えております。ぜひ、本校のPTA活動への深いご理解と、積極的なご参加・ご協力をお願いいたします。


 PTAとは

始まりは<子どもの幸せを願う母の祈り>
 アメリカ・ワシントンに住むバーニー夫人は、『わが子の健やかで幸せな成育のためには、子どもに良い環境・良い教育・良い文化を与えること、また≪親自身が成長することが大切だ』と考えました。しかし、自分一人の力では限界があるため、仲間と一緒に行動することが必要でした。そこで、1897年子どもの幸せを願う全国の母の祈りをひとつに!という彼女の提唱によって開催された全国母の会は、その後母親の手だけでなく、父親の手教師の手にも熱心に協力を求め、PTA(父母と教師の会)が組織される糸口となりました。平等の権利、平等の義務PTA会員になったら、会員として平等の権利平等の義務があります。

会員の権利
……会長その他の役員・委員になることができます。
       あらゆるPTA活動に参加することができます。
会員の義務……PTA会費を納入すること

        PTA総会や懇談会等に進んで出席すること。
        PTAの運営に協力すること。  
        役員・委員として、積極的に運営に参加すること。
      ※会員の期間は、入学・転入から卒業・転出まで。
        会費は1家庭1ヶ月300円、年2回に分けて納入


宮前小PTA組織図
  
    
                        図書ボランティア
                     おやじの会
                        防犯ボランティア
各部・委員会の活動
区切り線

トップぺージへ